TAC中小企業診断士講座ブログ

中小企業診断士は経営コンサルタントの国家資格です。資格取得により企業経営に関する体系的な知識が身に付きます。当ブログでは、中小企業診断士試験の最新情報や、中小企業診断士の活躍、TAC講座・出版情報等をお伝えします。

松井由樹

紹介!TAC講師プロフィール 第39回 松井 由樹 先生 常に受験生の視点を持つことを意識しています(4)

こんにちは!
TAC中小企業診断士講座のMOPです。


「紹介!TAC講師プロフィール」
講義を担当する講師を紹介するコーナーです。

第39回目は、松井 由樹 先生を前回に続き紹介します!

  前回のお話はこちら



常に受験生の視点を持つことを意識しています(4)
松井 由樹 先生
関西地区担当


写真

どんな先生を目指されていますか?

先生など目指していません。

先生という立場になってしまうと
先に述べた受験生の視点を持つことが難しくなりますからね。

私の役どころは、受験の先輩といったところでしょう。

皆さんがご自身で決められた「診断士試験合格」という目標に
私の経験とお話が少しでもお役に立てれば幸いです。

なるほど、受験の先輩ですか。

話は変わって、休日はどのように過ごされていますか?


休日、ということになりますが
家にいても資料の整理や提出物の作成などをしていますので・・・。

休日というのは、あるような無いような感じです。

まあ、強いて言うなら、飼っているウサギの世話でしょうか・・・。

今の目標は「まとまった休日を作ること」ですね。

ウサギ、可愛いですね(笑)

最後にメッセージをお願いします!


冒頭でも申しましたように、診断士ほど面白い勉強はないと思います。

私は他の資格の受験経験もありますので、これは断言できる。

そして、試験に合格したときの達成感は最高です。

ぜひ皆さんにも「診断士合格」という栄誉を
味わっていいただきたいと思います。

本日はありがとうございました!

次回もお楽しみに!



他の講師の紹介・メッセージをTACホームページからご覧いただけます!

  TAC講師からのメッセージはこちら

次回の「紹介!TAC講師プロフィール」もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座

紹介!TAC講師プロフィール 第38回 松井 由樹 先生 常に受験生の視点を持つことを意識しています(3)

こんにちは!
TAC中小企業診断士講座のMOPです。


「紹介!TAC講師プロフィール」
講義を担当する講師を紹介するコーナーです。

第38回目は、松井 由樹 先生を前回に続き紹介します!

  前回のお話はこちら



常に受験生の視点を持つことを意識しています(3)
松井 由樹 先生
関西地区担当


写真

先生の講義方針を教えてください

私の担当は初学者向けのコースですので
常に受験生の視点を持つことを意識しています。

講師も何年かしていますと当たり前に思えることでも
診断士の勉強をスタートした人には初めて目にすることばかり。

テキストに書いてあることは、全て知らないことばかり
という前提で講義を進めています。

2次対策では、1次向けの学習で得た知識をどの様に活用したらよいかを
伝えるようにしています。

また、2次の難しさは、不十分な情報の中において
事例企業で起きていることをいかに正確に
読み取っていくかにあるかと思います。

ですが、これは実際のコンサルティングでも同じ。

全ての情報を満足行くまで集めることはできません。

問題の真の原因は何か、このままの経営を続ければ
どんなことが起きるのかを察知していく必要があります。

そのための目の付け所を伝えて行きたいですね。

つづく



他の講師の紹介・メッセージをTACホームページからご覧いただけます!

  TAC講師からのメッセージはこちら

次回の「紹介!TAC講師プロフィール」もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座

紹介!TAC講師プロフィール 第37回 松井 由樹 先生 常に受験生の視点を持つことを意識しています(2)

こんにちは!
TAC中小企業診断士講座のMOPです。


「紹介!TAC講師プロフィール」
講義を担当する講師を紹介するコーナーです。

第37回目は、松井 由樹 先生を前回に続き紹介します!

  前回のお話はこちら



常に受験生の視点を持つことを意識しています(2)
松井 由樹 先生
関西地区担当


写真

先生の受験生時代の学習方法を教えてください。

土曜日に講義がありましたので、土日でサブノートをまとめます。

月曜と火曜でキーワードのカード作りです。

通勤時間や営業での移動時間に
ひたすらカードでのインプットに励み
自宅に帰ってからはノートを使って
キーワードの体系化と問題集に取り組みました。

市販の参考書は一切使わず
テキストと過去問題集をひたすらこなしました。

計算問題は、毎日何問か解くようにしていました。

後でどこで間違えたのか確認できるように
暗算でできるような計算過程もメモしながら解いていきましたね。

机の前ではとにかく手を動かしていました。

当時は1次試験も筆記でしたので
インプットしたことを書くことでアウトプットし
記憶に定着させることができたのだと思います。

今の1次試験はマークシートですが
面倒くさがらずに手を動かすなり口に出すなりして
アウトプットすることが大事だと思います。

つづく



他の講師の紹介・メッセージをTACホームページからご覧いただけます!

  TAC講師からのメッセージはこちら

次回の「紹介!TAC講師プロフィール」もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座

紹介!TAC講師プロフィール 第36回 松井 由樹 先生 常に受験生の視点を持つことを意識しています(1)

こんにちは!
TAC中小企業診断士講座のMOPです。


「紹介!TAC講師プロフィール」
講義を担当する講師を紹介するコーナーです。

第36回目は、松井 由樹 先生を紹介します!

  前回のお話はこちら



常に受験生の視点を持つことを意識しています(1)
松井 由樹 先生
関西地区担当


写真

本日は、関西地区を担当されている
松井 由樹先生にお話を伺います。

早速ですが、先生が診断士を目指したきっかけは?


大学卒業後、機械メーカーに勤めていました。

関東に本社・工場のある会社でしたので大阪には営業所しかなく
入社してからずっと営業に携わってきました。

しかし、同じ仕事を10何年も続けていると
だんだん仕事に新鮮味がなくなってきたのですね。

また、新聞やTVのニュースでも
自分の仕事に関係する業界にだけ関心が向いていて
何か視野の狭さを感じるようになってきたのです。

そこで「何か勉強でもするか」と思い立ったのですが
具体的な目標がないと行動できないのが人間というもの。

「では資格を取ろう!」と思い立ったのです。

それも無謀にも「40歳までに3つの資格をとるぞ!」
と決心した次第。

当時、36歳だったので1年間に1つの資格を取っていけば
40歳までに十分3つの資格が取れる、と考えたわけです。

最初は、とにかく資格を取ることだけが目的でしたので
どんな資格でも良かった。

まずは本屋に行き、どんな資格があるか調べたのです。

本屋には、沢山の資格の問題集がありました。

税理士や公認会計士は、数字が並んでおり見るからに辛気臭い。

その中で、「これなら取れそうだ」と思える1冊がありました。

それが診断士。

仕事が営業でしたから、「販売管理」※など抵抗なく受け入れられたのです。

ということで診断士を目指したのは、全くの偶然です。

それまで診断士という資格があることすら知りませんでした。

ひょっとしたら別の資格の勉強を始めていたかもしれません。

ところが勉強を始めてみると、これが面白い。

特定の知識に偏らず、広く企業経営を学習しますので
営業以外の業務の知識を得ることで他部署の仕事を見る目も変わりました。

つづく

※当時の科目であり、現在の企業経営理論のマーケティングに相当。



他の講師の紹介・メッセージをTACホームページからご覧いただけます!

  TAC講師からのメッセージはこちら

次回の「紹介!TAC講師プロフィール」もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座

無料資料請求!
19診断士マザパン表紙


即日発送!送料無料!

資料のご請求はこちら
2018年2次筆記試験難易度アンケート
テーマ別ガイダンス開催!
講師・合格者があなたの
疑問を解消します!


01-067

ガイダンスを全国で開催!
個別相談コーナーも実施。
TAC講師・合格者に
直接相談できます!

ガイダンスの詳細はこちら


無料メルマガ会員募集中!
中小企業診断士講座
メルマガ会員
10,000名以上!


TACメールマガジン

最新の試験情報や
キャンペーンのご案内等を
メールでお届けします!

無料会員登録はこちら!


TAC出版書籍販売サイト Cyber Book Store
無料会員登録でTAC出版書籍がお得に購入できる!

TAC出版書籍販売サイト

TAC出版書籍のお得なご購入はこちら



記事検索
月別アーカイブ
ランキング
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士

人気ブログランキングへ

bnr



QRコード
QRコード
RSS
RSS

ATOM

Twitter
Twitterボタン
TAC中小企業診断士ブログ(以下、当ブログ)の内容はTAC株式会社に帰属します。当ブログに掲載されている記事・画像等の無許可転載・転用を禁止します。

当ブログはリンクフリーです。リンクの確認やご報告は必要ございません。どうぞご遠慮なくリンクしてください。
東日本大震災により被害にあわれた皆様が、1日も早く普段の生活へ戻れますことを心よりお祈り申し上げます。

講師からの応援・お見舞いメッセージ