TAC中小企業診断士講座ブログ

中小企業診断士は経営コンサルタントの国家資格です。資格取得により企業経営に関する体系的な知識が身に付きます。当ブログでは、中小企業診断士試験の最新情報や、中小企業診断士の活躍、TAC講座・出版情報等をお伝えします。

中小企業

2009年版中小企業白書 中小企業庁より公開!

こんにちは!
TAC中小企業診断士講座のMOPです。


2009年版中小企業白書
中小企業庁より公開されました。

中小企業庁のWebサイトから
概要と全文を無料でダウンロードできます。

  中小企業庁はこちら

本年度のテーマは
イノベーションと人材で活路を開く
になります。

3章で構成されており

2008年度における中小企業の金融経済情勢

中小企業による市場の創造と開拓

中小企業の雇用動向と人材の確保・育成


について、図表を用いながら説明しています。

なお、2008年度1次試験の中小企業経営は
例年の試験傾向から、2008年版中小企業白書
からの出題が主になると予想されます。

2009年度中小企業白書は、試験対策上は
参考程度にご覧になることをオススメします。

TAC中小企業診断士講座

コンサルティングの現場から 第20回 中小企業の「健康管理」(7)

こんにちは!
TAC中小企業診断士講座のMOPです。


「コンサルティングの現場から」
現役中小企業診断士のコンサルティング事例を
紹介するコーナーです。

中小企業診断士E先生の“コンサルティングの現場”を
シリーズで連載しています!

  前回のお話はこちら



コンサルティングの現場から 第20回 
中小企業の「健康管理」(7)


現場力を鍛える

000795_m_torakku

この仕事をしていてつくづく思うことは
コンサルタントには現場力(交渉力・実行力)が
必要であるということである。

コンサルティングの現場で如何に顧客を
利害関係者を説くことができるかが成功の鍵を握る。

そして中小企業診断士の学習を通じて身につけた知識は
現場力を補うサプリメントとなる。

しかし、一度飲んだだけでは効果は一時的で
資格を取得した後も常に知識を補充しなければ
知識は腐り使用に耐えなくなる。

今日も現場で戦うことのできる喜びを噛み締めている。

現場に出なければ成長できない。

現場の知識が、診断士の知識に血液を通わせてくれるのだと。
 
今シリーズおわり

次回もお楽しみに!



最新の「コンサルティングの現場から」は
TAC中小企業診断士講座メールマガジンでご覧いただけます!

  メールマガジンの登録はこちら

「コンサルティングの現場から」は来週木曜日に更新予定です。

次回もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座

コンサルティングの現場から 第19回 中小企業の「健康管理」(6)

こんにちは!
TAC中小企業診断士講座のMOPです。


「コンサルティングの現場から」
現役中小企業診断士のコンサルティング事例を
紹介するコーナーです。

中小企業診断士E先生の“コンサルティングの現場”を
シリーズで連載しています!

  前回のお話はこちら



コンサルティングの現場から 第19回 
中小企業の「健康管理」(6)


計画は慎重に、実行は一気呵成に

000795_m_torakku

 「先生も手伝ってくれますか?」

F社長は決断した。

提案者としての責任を果たすため
また社長の勇気に応えるためにも
私は全力でこの改革に取り組む決意をした。

X社との交渉については、具体的な条件内容の設定を支援した。

また賃金体系の改定案を作成し
労働条件の一方的な不利益変更にならぬように
経過措置を設けてこれに配慮をした。

さらに今回の改革を盛り込んだ借入金の返済計画を作成し
これをメインバンクを始めとする3行に持ち込み、直接交渉した。

非常に難航したが、何とかメインバンクの承諾を得て
これを実行することができた。
 
数度の打ち合わせを経て、改革は速やかに実行された。

X社との交渉は成功し取引条件は見直しされたが
今後のことも考慮してX社との取引は縮小していくことになった。

また賃金体系も大きな問題もなく一本化された。

1年後、何人かの古参従業員は退職したが
結果的にX社との取引縮小分とバランスが取れた。

借入金についても、年間可能返済額の範囲内で収まるようになり
不必要な資金調達の必要性がなくなった。

その後、メインバンクは新規融資の話を持ってきたが
私を通じて丁重にお断りしている。
 
結果、リスクの高い売上債権はなくなり、人件費支出も安定した。

収益体質へと改善された結果、金融機関の評価もあがった。

今、F社に流れている資金(血液)は動脈血となったと言えるだろう。

つづく



最新の「コンサルティングの現場から」は
TAC中小企業診断士講座メールマガジンでご覧いただけます!

  メールマガジンの登録はこちら

「コンサルティングの現場からは」は来週木曜日に更新予定です。
次回もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座

コンサルティングの現場から 第18回 中小企業の「健康管理」(5)

こんにちは!
TAC中小企業診断士講座のMOPです。


「コンサルティングの現場から」
現役中小企業診断士のコンサルティング事例を
紹介するコーナーです。

中小企業診断士E先生の“コンサルティングの現場”を
シリーズで連載しています!

  前回のお話はこちら



コンサルティングの現場から 第18回 
中小企業の「健康管理」(5)


捨てる勇気・変える勇気(2)

000795_m_torakku

そこで私は経営陣に対して
この計画を実行することの必要性を丁寧に説明した。

<説明1>

経営難にあるX社への受注比率は増加傾向にあり
仮にX社が倒産した場合、数千万円の売上債権が貸し倒れると同時に
既に金融機関に割引している手形の保証債務を実行するために
新たな資金が必要になること。

また、X社からの受注が増加している原因は
X社の経営難の噂が広がった結果
既存取引先が手を引いている可能性があり
望ましい状況ではないこと。

<説明2>

仮に<提案案1>を実行して主要取引先を失っても
賃金体系を一本化することで人件費を変動費化することができ
ある程度受注減少分を吸収することが可能であること。

また社内の規律を保つためにも
制度を一本化することで社内体制を整備し
F社長が後継者であることを従業員全員に印象付ける必要があること。

<説明3>

借入金の返済計画の見直しは消極的なものはなく
積極的な行動であること。

経営の自律性を保つためにも資金管理は金融機関に依存せず
自社で計画することが、結果的に金融機関の信用を得ることに繋がること。

また、信用保証協会の資金繰円滑化借換保証制度を活用することにより
今後の資金需要にもある程度対応できるので心配はないこと。


「…今、そこまでやらなければいけないんですかね?」

低く渋い声が印象的なF社長は険しい顔をして言った。

私はこう答えた。

「今すぐにやらなくても、2年は大丈夫です。

 しかし、今実行しなければ、3年後には取り返しの
 つかないことになると思います。

 今、3つの計画を実行することで
 御社の資金繰りは長期的に安定します。

 私に声を掛けてくれたのが今でよかったな
 と思っています」

つづく



最新の「コンサルティングの現場から」は
TAC中小企業診断士講座メールマガジンでご覧いただけます!

  メールマガジンの登録はこちら

「コンサルティングの現場からは」は来週木曜日に更新予定です。
次回もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座

コンサルティングの現場から 第17回 中小企業の「健康管理」(4)

こんにちは!
TAC中小企業診断士講座のMOPです。


「コンサルティングの現場から」
現役中小企業診断士のコンサルティング事例を
紹介するコーナーです。

中小企業診断士E先生の“コンサルティングの現場”を
シリーズで連載しています!

  前回のお話はこちら



コンサルティングの現場から 第17回 
中小企業の「健康管理」(4)


捨てる勇気・変える勇気(1)

000795_m_torakku

分析結果をF社長・会長に伝えるとともに
改善のための提案をした。

提案内容は以下のとおりである。


<提案1>

主要取引先の取引条件を見直し、与信管理を徹底する。

<提案2>

賃金体系を一本化し、業務量にあわせた人件費管理をする。

<提案3>

借入金返済計画の見直しにより資金収支を安定させ
自立した資金管理をする。


上記改善案はいずれも経営陣を驚かせる内容であった。

それもそのはず、改善案はいずれもD社の経営に負の影響を与える
リスクを含んでいるからである。

主要取引先に条件を提示するなんてことは
中小企業の受注形態を知っていれば常識的には考えられない。

X社からの受注比率は20%超あり、条件提示をして下手をすれば
主要取引先を失うことになるかもしれない。

また、賃金体系の変更も、古参従業員の反発があることは必死だ。

2代目のF社長を軽く見ている古参従業員が素直に従うとは考えにくい。

さらに、既存借入金の見直しをするなんて!
メインバンクの不興を買ったら今後資金供給が
受けられなくなってしまうのではないか?

さまざまな不安を社長は話す。

つづく



最新の「コンサルティングの現場から」は
TAC中小企業診断士講座メールマガジンでご覧いただけます!

  メールマガジンの登録はこちら

「コンサルティングの現場からは」は来週木曜日に更新予定です。
次回もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座

無料資料請求!
19診断士マザパン表紙


即日発送!送料無料!

資料のご請求はこちら
2018年2次筆記試験難易度アンケート
テーマ別ガイダンス開催!
講師・合格者があなたの
疑問を解消します!


01-067

ガイダンスを全国で開催!
個別相談コーナーも実施。
TAC講師・合格者に
直接相談できます!

ガイダンスの詳細はこちら


無料メルマガ会員募集中!
中小企業診断士講座
メルマガ会員
10,000名以上!


TACメールマガジン

最新の試験情報や
キャンペーンのご案内等を
メールでお届けします!

無料会員登録はこちら!


TAC出版書籍販売サイト Cyber Book Store
無料会員登録でTAC出版書籍がお得に購入できる!

TAC出版書籍販売サイト

TAC出版書籍のお得なご購入はこちら



記事検索
月別アーカイブ
ランキング
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士

人気ブログランキングへ

bnr



QRコード
QRコード
RSS
RSS

ATOM

Twitter
Twitterボタン
TAC中小企業診断士ブログ(以下、当ブログ)の内容はTAC株式会社に帰属します。当ブログに掲載されている記事・画像等の無許可転載・転用を禁止します。

当ブログはリンクフリーです。リンクの確認やご報告は必要ございません。どうぞご遠慮なくリンクしてください。
東日本大震災により被害にあわれた皆様が、1日も早く普段の生活へ戻れますことを心よりお祈り申し上げます。

講師からの応援・お見舞いメッセージ