こんにちは!
TAC中小企業診断士講座です。


「合格者のヘ〜ンシン!体験談」
中小企業診断士試験の合格者に
学習前と学習後を比較して
ご自身に起こった「変化」をお話しいただくコーナーです。

第24回目は、寺沢 恵理子さんの「ヘ〜ンシン!」です。



「社会で活かせるスキルを身につけた!」
寺沢 恵理子さん
食品・品質管理
2次本科生(教室講座)
平成20年 中小企業診断士試験合格


01-01-018

中小企業診断士を目指したきっかけは?

ビジネスを体系的に学びたいと思っていたところ
TAC校舎で中小企業診断士のパンフレットを見つけ
科目と学習内容から興味を持ちました。

また、将来の進路が明確ではなくても
どの道に進んでも必ず役に立ちそうだ
という判断で、取りかかりました。

仕事と学習の両立で工夫したことは?

学習の目標時間をつくり、それを達成するためには
1日の中の「どこで」「どう勉強するか」
イメージを持って行うことです。

また、勉強を自分の行動ベースにし
それ以外の仕事や会社の付き合いの飲み会を
気分転換と位置付けて利用しました。

ご自身に起きた「ヘ〜ンシン!」を教えてください。

特に2次筆記試験(論述)のスキルを身につけたことで
現状分析力や課題発見力、提案力等、社会の中で
そのまま活かせる力が身につきました。

また、業界問わず多くの仲間と出会え
今も続いている交流は財産です。

ありがとうございました!



他の合格者の喜びの声をTACホームページでご覧いただけます。

  合格者の喜びの声はこちら

次回も「合格者のヘ〜ンシン!体験談」もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座