こんにちは!
TAC中小企業診断士講座です。


「合格者のヘ〜ンシン!体験談」
中小企業診断士試験の合格者に
学習前と学習後を比較して
ご自身に起こった「変化」をお話しいただくコーナーです。

第21回目は、成塚 祐介さんの「ヘ〜ンシン!」です。



「仕事のレベルが上がった」
成塚 祐介さん
メーカー・経営企画
2次本科生(DVD通信講座)
平成19年 中小企業診断士試験合格


00-02_051

中小企業診断士を目指したきっかけは?

社内の経営企画的な仕事をしたいとかねて思っており
書籍を読んだり、外部研修に参加したりしてきましたが
いざ配置されると、自らの力量不足を思い知りました。

早く職場の仲間に追いつきたいと思い
体系的に学べる診断士資格を取ることに決めました。

仕事と学習の両立で工夫したことは?

仕事が忙しいときに、平日も勉強しようとしてはいけません。

そういうときは、平日は仕事、休日は勉強と
割り切ることが大切です。

上手く都合をつけて休みがとれれば
一気に固めて勉強しました。

ご自身に起きた「ヘ〜ンシン!」を教えてください。

まず、仕事においては求められているレベルに
近づいてきたと考えています。

物事を知っているかどうかのレベルも違いますが
課題の認識レベルが異なっていると思います。

合格者間での情報交換もあり
人脈も更に広がるのではと期待しています。

また、名刺に資格を記載できるようになることも
嬉しいことです。

ありがとうございました!



他の合格者の喜びの声をTACホームページでご覧いただけます。

  合格者の喜びの声はこちら

次回も「合格者のヘ〜ンシン!体験談」もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座