こんにちは!
TAC中小企業診断士講座です。


「合格者のヘ〜ンシン!体験談」
中小企業診断士試験の合格者に
学習前と学習後を比較して
ご自身に起こった「変化」をお話しいただくコーナーです。

第13回目は、児玉 雄樹さんの「ヘ〜ンシン!」です。



「かけがえのない戦友を得た」
児玉 雄樹さん
IT・営業
1・2次ストレート本科生(教室講座)
平成19年 中小企業診断士試験合格


00-02_051

中小企業診断士を目指したきっかけは?

社会人2年前になり自分のペースをつかめてきた頃
腰を据えて何かに取り組みたいと考えるようになりました。

その際、ビジネスに関する幅広い知識を
習得できる資格に魅力を感じ
中小企業診断士を目指すようになりました。

仕事と学習の両立で工夫したことは?

週1回必ずTACに行って講義を受け
会社が早く終わればTACで勉強するという
ルールを自分の中で作り、勉強を生活の中に
組み込めたのが工夫点です。

また、仕事やプライベートで周囲に
勉強をしていることを告げ
理解してもらえるよう努めました。

ご自身に起きた「ヘ〜ンシン!」を教えてください。

経営に関するフレームワークや知識等は
仕事に活用でき、日常のビジネスシーンでも
多面的に考えることができるようになりました。

また、勉強する中で交流のあった戦友とも呼べる友人は
診断士を目指さなければ知り合えなかった
貴重な財産だと思います。

ありがとうございました!



他の合格者の喜びの声をTACホームページでご覧いただけます。

  合格者100名の喜びの声はこちら

次回も「合格者のヘ〜ンシン!体験談」もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座