こんにちは!
TAC中小企業診断士講座です。


「合格者のヘ〜ンシン!体験談」
中小企業診断士試験の合格者に、学習前と学習後を比較して
ご自身に起こった「変化」をお話しいただくコーナーです。

第9回目は、横塚 芳明さんの「ヘ〜ンシン!」です。



「さらに知りたいことが増えました」
横塚 芳明さん
情報サービス
1・2次ストレート本科生(教室講座)
平成19年 中小企業診断士試験合格


00-02_051

中小企業診断士を目指したきっかけは?

会社の会計入門研修の講師が中小企業診断士で
「有用な資格です」と紹介していたことが
この資格を知ったきっかけです。

その後、しばらくは学習を開始しなかったのですが
ダラダラした生活に嫌気が差し、何か難しいことに
挑戦しようと考えたときに、受験を決意しました。

仕事と学習の両立で工夫したことは?

いかに空白時間を作らないか、ということが重要だと思います。

1週間何もやらないだけでも、元の学習スタイルに戻すのに大分苦労しました。

毎日10分だけでも必ず勉強することが大事だと思います。

10分の勉強をするのに「忙しい」は言い訳になります。

あとはTACのカリキュラムには、意地でもついていくことです。

ご自身に起きた「ヘ〜ンシン!」を教えてください。

今までは「何でも自分で出来るようになりたい」と思っていました。

しかし、中小企業診断士の学習を始め、様々な知識を身に付けたことで
世界が大きく広がり、知らないこと、知りたいことが増えました。

また、1人で出来ることには限界があると感じ、様々な業界の方々と出会い
お話を伺うことに、大きな意味を感じるようになりました。

現在は積極的に人と会うようになり、徐々に人脈を広げています。

ありがとうございました!



他の合格者の喜びの声をTACホームページでご覧いただけます。

  合格者100名の喜びの声はこちら

次回も「合格者のヘ〜ンシン!体験談」もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座