こんにちは!
TAC中小企業診断士講座です。


「合格者のヘ〜ンシン!体験談」
中小企業診断士試験の合格者に、学習前と学習後を比較して
ご自身に起こった「変化」をお話しいただくコーナーです。

第8回目は、澤田 圭介さんの「ヘ〜ンシン!」です。



「合格には細かい工夫の積み重ねが大切」
澤田 圭介さん
商社・営業
1・2次ストレート本科生(教室講座)
平成19年 中小企業診断士試験合格


00-02_051

中小企業診断士を目指したきっかけは?

きっかけは、業務上必要となる企業経営全般に
係る知識の不足を感じたことでした。

企業経営に係る知識を体系的に身に付けるべく
中小企業診断士試験の学習を始めました。

学習の過程で資格自体の魅力を強く感じて
本気で資格取得を目指すようになりました。

仕事と学習の両立で工夫したことは?

仕事に活かすための学習であるという前提から
プライオリティを「1.仕事」「2.資格」と
順序付けた上で学習を行いました。

仕事以外の限られた時間で効率良く学習するために
試験に合格するためのスケジュール設定にも注力して
計画立て→実行→計画見直しのサイクルを重視しました。

試験合格のために細かい工夫を積み重ねることが大切です。

ご自身に起きた「ヘ〜ンシン!」を教えてください。

中小企業診断士の学習後には
日々の生活で触れる社会の変化に
興味を持って接するようになりました。

また、大きく変化している社会の中で
私自身がどのような働きができるのか
考えるようになりました。

今回の経験は今後の人生の糧となり
自信にもなっていくと感じています。

ありがとうございました!



他の合格者の喜びの声をTACホームページでご覧いただけます。

  合格者100名の喜びの声はこちら

次回も「合格者のヘ〜ンシン!体験談」もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座