こんにちは!
TAC中小企業診断士講座のナゴヤです。

よく中小企業診断士(以下、診断士)試験の科目は他の資格・
検定試験との親和性が高いと言われています。

なかでも、多くの受験生を苦しめている「財務・会計」では、
診断士試験の学習前もしくは学習中に日商簿記検定(以下、
日商簿記)を受験される方もいらっしゃいます。

もちろん、日商簿記の学習もしなければ診断士試験に合格で
きないかといえば、必ずしもそうではありません。

TACでは日商簿記の学習をされていない方でも学習について
いけるよう教材作成に配慮をしておりますので、ご安心くだ
さい。

ただ、日商簿記の知識をお持ちであれば、「財務・会計」の
内容をより理解しやすくなることは言うまでもありません。

そこで、時間に余裕のある方(特に、再受験者)に「ビジネ
ス会計検定試験(R)(以下、ビジネス会計)」
の紹介をさ
せていただきます。

これまで合格者の間はもちろん、最近では受験生の間でも
話題になっていますので。

ビジネス会計検定HP








「ビジネス会計」は別名「財務諸表理解力検定」とも呼ばれ、
財務諸表に関する知識や分析力を問う試験で、作成時に用い
られた会計基準や法令を理解し、財務諸表を分析して企業状
況を把握しているかを判定します。

試験内容・出題範囲等について下記のページをご覧ください。
まさに診断士試験の「財務・会計」「事例4」の練習になる
のではないでしょうか。

★「ビジネス会計検定試験(R)」
試験内容・出題範囲等の詳細はこちら


8月ないし10月の本試験までの長い間、手元の教材をやりつ
くしてしまった方、モチベーションがいまいち上がらない方
オススメです。

当然ですが、まだ手元の教材をやりつくしていない方が手を
出すと、かえって学習の負担が重くなりますので、ご注意く
ださい。

ちなみに、TACでは前回の本試験の解説付き模範解答集(TAC
作成)を無料送付しています(期間限定)。ご興味・ご関心の
ある方は下記のページからお気軽にご請求ください。

★「ビジネス会計検定試験(R)」
TAC模範解答集請求の詳細はこちら


それでは、診断士試験合格に向けて頑張ってください。



↓いつもご覧いただきありがとうございます!
↓よろしければクリックをお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

TAC中小企業診断士講座ホームページはこちら

資料請求はこちら【無料で急送します!】