こんにちは!
TAC中小企業診断士講座スタッフのナゴヤです。


「大公開!合格者の学習体験記」
中小企業診断士試験を合格された方々の
学習環境や学習方法等を紹介するコーナーです。

第273回目は、2011年度に合格された
山崎 紀子 さんの学習体験記を紹介します!

前回のお話はこちら



「厚い講師陣と事務局スタッフ、そして、出題ポイント
に絞った教材と効率的なカリキュラムで合格できました!」
山崎 紀子 さん
1・2次ストレート本科生(2010年合格目標)
2次実力完成パック生+2次上級直前パック生(2011年合格目標)・教室講座


syugo-004


“私流”学習方法〜2次試験対策編〜

「過去問を100回やれば受かる」という講師の言葉を
信じ、「過去問」中心の学習を行いました。

1回目は時間を計って解き、その後TACの模範解答
を数回書き写すということを反復して行いました。

最初は同じ問題を繰り返し解いても本番での対応力
は向上しないのではないかと半信半疑でしたが、
に繰り返し解くことでTACの解答構成や設問に対して
盛り込むべきポイントが自然と体に叩き込まれ、本番
ですらすらと出てくるようになりました。


2次試験対策では、ポイントだけに絞ったサブノートを
作成し、気づいた時に書き足すというストレスのない形
で作成し、答練や「2次公開模試」、本番の直前にポイ
ントを整理するのに用いました。

私が最も苦労したのは、80分という時間制限の中で
なるべく多くの論点を盛り込みながら、起承転結のはっ
きりしたわかりやすい解答を作る
ということです。

最初は、事例一つを解くのに2時間半もかかるなど、
とても80分以内で全てを解答することができません
でした。

2次試験に挑んだ2年目の夏、震災の影響による電力
調整のため、職場が土日操業になり、TACの教室講座
の日と重なるという事態が起きましたが、なんとか仕事
の調整をつけ必ず教室で答練を受けることでタイム
マネジメントの力を養うように心掛けました。


これから受験する方へのアドバイス<前編>

(1)テクニカルな面から

まず1次対策は、とにかく反復により徹底的に暗記を
することです。


「基本テキスト」であろうがサブノートであろうが、個人に
合う学習方法で構いません。

限られた時間の中でテキストの隅々まで暗記することは
不可能ですが、少しでも多く暗記ポイントを拾って頭に
叩き込むことです。

時々、「基本テキスト」を読解後、すぐに問題集や「過去問」
に着手する方がいますが、中途半端な記憶で説いた1回転
分の「過去問」は本番に繋がる1回転にはならないと思い
ます。

さらに、「過去問」の難易度ランクのうち、易しいものだけで
なく極めて難しいランクのものまで解き込んで、自分なりに
解釈するよう努めると力がつくと思います。


1次試験はどの科目も“広く浅く”ですから、特に「経済学・
経済政策」などは根本的な経済学の原理を理解することなく
本番に臨むことになり、少し捻った問題が出題された際に
対応困難に陥ります。

日頃から難易度の高い問題に取り組むことにより本番で
起こる変化点に対応しやすくなります。

次に、2次対策においてはとにかく「過去問」を解くことです。

TAC講師からは“過去問を100回解けば、受かる!”と繰り
返しアドバイスを受け、その言葉を信じて学習を続け、合格
を掴むことができました。

また、1年目に合格を掴むことができなかった私の反省点
は2次対策のスタートが遅れたことです。

1次対策をやっているうちから、一日でも早く2次対策に着手
し、1回でも多く過去問を解くことをアドバイスします。



つづく





合格者が熱く語る!
ガイダンスに無料でご参加いただけます!

TAC中小企業診断士講座ガイダンスはこちら

「大公開!合格者の学習体験記」は毎週土曜に更新予定です。

次回もお楽しみに!

↓いつもご覧いただきありがとうございます!
↓よろしければクリックをお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

TAC中小企業診断士講座ホームページはこちら

資料請求はこちら【無料で急送します!】