こんにちは!
TAC中小企業診断士講座のナゴヤです。


「大活躍!TAC卒業生のイマ」
中小企業診断士試験に合格されたTAC卒業生に
現在の活躍についてインタビューするコーナーです。

第61回目は、豊田 明宏 さん
を紹介します!

前回のお話はこちら



「メリットは『学生』!大学とのシナジーを考え診断士を受験。試験で学んだ企業分析を活かし内定を獲得しました。」(1)

都市銀行勤務
中小企業診断士
豊田 明宏 さん


豊田明宏さん(2008合格者)


診断士と大学とのシナジー効果

2008年度の中小企業診断士試験の
最年少合格者の豊田明宏さんはこの春、
慶應義塾大学を卒業。

大学1年から中小企業診断士を目指して、
1・2次ストレート速修本科生を受講し、
1次試験、2次試験のストレート合格を
果たしている。

高校3年間、ずっと陸上に熱中していた
豊田さんは、大学では勉強に熱中しよう
と慶應大学商学部に入学した。

しかし実際に大学生活が始まってみると
自分で踏み出さなければ何も起こらず、
ある種のモラトリアムに陥ってしまった。

「あり余る自由な時間をただ怠惰に過ごす。
高校時代とのギャップの中で、こんな生活を
していていいのか、何か自分の中で充実して
取り組めるようなものはないか、悩んでいま
した。」

そんな豊田さんが自分で一歩を踏み出そう
と選んだのが中小企業診断士だった。

商学部では経営学・経済学・商業学・会計学
を学習する。

社会に出るまでにビジネスの知識を身に
付けるなら、これら学問的な側面だけでなく
実務面からもアプローチをするのが理想的だ。

それなら経営、会計、経済、法律、マーケティ
ング、情報システム、現場の運営管理、中小
企業政策等の政治的な観点、と幅広い目線の
知識が身に付く診断士を受験すれば、大学の
授業とのシナジー効果が非常に高い。

この観点から診断士を目指した豊田さんの
大学生活は、受験勉強を始めてから中身の
濃いものとなっていった。


つづく




他の合格者の体験談・メッセージをTACホームページからご覧いただけます!

合格者の体験談はこちら  

合格者のセミナーをTAC動画チャンネルでご覧いただけます!

TAC動画チャンネルはこちら

次回の「大活躍!TAC卒業生のイマ」もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座ホームページはこちら

資料請求はこちら【無料で急送します!】