こんにちは!
TAC中小企業診断士講座のナゴヤです。


「大活躍!TAC卒業生のイマ」
中小企業診断士試験に合格されたTAC卒業生に
現在の活躍についてインタビューするコーナーです。

第59回目は、北脇 恵理子 さん
を紹介します!

前回のお話はこちら



「ビジネスに直結しなくとも、ビジネスで必要となる、とても大切なことを学べました。」(2)

食品メーカー勤務
中小企業診断士
北脇 恵理子 さん


北脇恵理子さん(2008合格者)



仕事と勉強、プライベートのバランス

「勉強をしている期間、勉強の過程がすごく
楽しかったですね。財務・会計や経済学、
中小企業政策はどんな世界なのかと思って
いたことを、体系的な知識として学べることが
とても面白かった」

と受験時代を振り返っている。

知的好奇心から挑戦を開始したとはいえ、
中小企業診断士には1次試験と2次試験が
あり、合格できなければ、初志を貫徹したこと
にはならない。

仕事との両立は、どんな社会人受験生にも
共通する、避けては通れない課題でもある。

「常に診断士の勉強を意識するようにして
いました。

通勤時間でテキストを読んだり、食事の後の
空いた時間などで勉強をするようにしていま
した。

でも、必ずやらなければならない、と予定を
組み込んでしまうと、急な残業や友人からの
誘いに応えられなかったり、応えたら逆に
勉強が出来なかったことがマイナスの意識に
なってしまいます。

ですから、常に意識を持ち続けることで、
受験勉強に取り組みやすい状態をキープ
し続けました。」

 自分の性格に合わせた取り組み方を
みつけることで、北脇さんはストレスに
つながることなく、勉強に取り組めるよう
意識を持ち続けていたようだ。

受験中の仲間には言えないけれど
「ゴルフもスキーも行っていたし、飲みに
誘われれば行っていましたね」という。

例えば、ついのんびり過してしまう休日の
午前中を、テキパキと家事を済ませて、
TACに通った北脇さん。

仕事と勉強、プライベートのバランスを
楽しみながらの受験時代だったのだろう。


つづく




他の合格者の体験談・メッセージをTACホームページからご覧いただけます!

合格者の体験談はこちら  

合格者のセミナーをTAC動画チャンネルでご覧いただけます!

TAC動画チャンネルはこちら

次回の「大活躍!TAC卒業生のイマ」もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座ホームページはこちら

資料請求はこちら【無料で急送します!】