こんにちは!
TAC中小企業診断士講座のMOPです。


「紹介!TAC講師プロフィール」
講義を担当する講師を紹介するコーナーです。

第81回目は、辻井修二先生へのインタビューになります。

前回のお話はこちら



辻井の合格体験「木」(2)
辻井 修治 先生
関東地区担当


TAC中小企業診断士講座_辻井修二

受験を再開されたときに気をつけたことはありますか?

気をつけるというよりは、「受験仲間」は大切だと実感しています。

最初の受験は1人でコツコツ、孤独で
モチベーションが上がりにくかったんですね。

再開したときに、ちょうど同じ年代の受験仲間ができたので
問題についてディスカッションしたり
辛いときは、お酒を飲んで励まし合ったりと
モチベーションを高め合うことができました。

1日12時間もTACに籠って勉強を続けられたのも
受験仲間がいたからこそだと思います。

この経験から、受講生同士が切磋琢磨できる環境を作るために
講義では、積極的にグループワークを行うようにしています。

オススメの勉強法はありますか?

オリジナルノートを作成したのですが
これは、正直オススメできませんね(笑)

スケジュールを考えずノート作りに没頭したため
模試に間に合わなかったんですね。

当然結果はD判定でした(汗)

ただ、ノートをまとめる段階で体系的に
重要論点が頭と体に残りますし
直前期にここをやれば良いというのがわかりますので
最終的に合格できたのも、ノートのおかげだと思っています。

「これを見ればすべてがわかる!」
というコンセプトで作成したので
ページを簡単に増やせるようルーズリーフ形式を用意し
余白に書き込みもできるよう
スペースも十分あけて書いていました。

これだけは、一生捨てられませんね。

ノート作りについて受講生に聞かれますが
診断士1次試験は7科目あり、まとめるのに向いているもの
そうでないものがありますので、時間がある方には
科目を絞るようにアドバイスしています。

ちなみに、財務会計はアウトプットを優先してほしいですね。

つづく

辻井先生が代表を務める「シュー・ツリー・コンサルティング」はこちら

syu-turi-



他の講師の紹介・メッセージや講義風景の動画を
TACホームページからご覧いただけます!

TAC講師からのメッセージはこちら

次回の「紹介!TAC講師プロフィール」もお楽しみに!

↓いつもご覧いただきありがとうございます!
↓よろしければクリックをお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

TAC中小企業診断士講座ホームページはこちら

資料請求はこちら【無料で急送します!】