こんにちは!
TAC中小企業診断士講座のMOPです。


中小企業診断士試験合格後に実施される
「実務補習」について、TAC合格者の方々から
レポートをいただきました!

今回は、尾崎達彦さんの「実務補習レポート」
前回に続きご紹介します!

前回のお話はこちら



実務補習レポート 第3回 
プライスレスな経験と仲間が得られる(3)


実務補習の収穫

TAC中小企業診断士ブログ_尾崎達彦さん

実務補習を通じて得たものは3つあります。

1つ目は班の仲間です。

年齢や職業、性別の差を越えて長い付き合いの
できそうな仲間を得ることができました。

これはメンバーがプロ診断士として
真剣に取り組んだからこそ得られたものだと思います。

また、メンバーは様々な業種・職種の人々が集まります。

そのノウハウやスキルに触れることができるのも
大きな刺激になりました。

2つ目は中小企業経営者の考え方
価値観に触れることができたことです。

会社のことを最も深く考えている経営者に
試験勉強で得た知識をそのままぶつけても
説得力のある提言にはなりませんでした。

これから実務の世界で付加価値の
高い仕事をするための指針を得たと思います。

3つ目は、指導員を通じて感じた
診断士としてのあるべき姿です。

クライアントに接する姿勢や後進(受講生)
への助言の仕方など今後、参考にしたいことが
多くありました。

実務補習の経営診断は無償ですが
適当にやり過ごすのではなく
ここでのアウトプットが
今後の診断士としてのスタート地点の
高さを決めるつもりで貢献意欲を持って取り組んでください。

真剣に取り組めば、プライスレスな経験と
仲間を得ることができると思います。

おわり

次回もお楽しみに!



実務補習レポートはTACホームページでも
ご覧いただけます!

実務補習レポート

中小企業診断士試験制度や実務補習の概要については
以下からご確認いただけます。

中小企業診断士試験制度、実務補習・従事の概要について

次回もお楽しみに!

TAC中小企業診断士講座ホームページはこちら

資料請求はこちら【無料で急送します!】